おまとめローン

MENU

おまとめローンに申し込み完全ガイド│このタイミングを見逃してはいけない

おまとめローンを利用するタイミング

おまとめローンに申し込みをするのはどんな時でしょう?複数のローンを抱えていれば、とにかくおまとめローンを検討する価値はあります。まずは自分の返済の状況をきちんと把握することから始めましょう。

 

返済日が1ヶ月の間に何度も訪れる、その状況で返済が大変だと感じているなら、おまとめローンを探してみるのが賢明です。ただし返済に追われていると、本当は負担が大きいのにそれに気付けないこともあります。返済額は収入とバランスが取れているかを先ず見てみましょう。お給料のほとんどを返済に回している状態なら、おまとめローンなどの対策を緊急に立てる必要があります。

 

また、おまとめという言葉からはいくつかのローンを一つにすることを考えるものですね。しかし、一つだけのローンを利用していても、金利が高い場合、この場合も違うローンを利用できないか考えてみましょう。一つのローンからより金利の低い別のローンを利用する際は、借り換えとなります。借り換えローン、おまとめローンで別のローン商品となっている金融機関もあるので確認しておきましょう。

 

ローンはお金を借りる、という点から見れば同じものなのですが、金融機関によって規制を受ける法律が違ってくるものです。それによっておすすめのおまとめローンを利用したい場合にもまとめられる場合と、そうできない場合もあります。どのローンなら一つにできるのか、これを知っておく必要があるでしょう。

 

こんな方におまとめローンはピッタリ!

おまとめローンを利用するのにピッタリな方は、複数ローンを抱えている方だけでしょうか?複数のローンで、毎月の返済日やその返済額が多いという方はおまとめローンを利用するのに確かに適しているといえます。

 

しかし、利用しているローンの数はあまり多くなくても、おまとめローンや借り換えローンに申し込むことを考えてみたほうが良いケースもあります。たとえば、返済方法が面倒なローンを利用している場合なら、自分が便利な方法があるローンに変更することで、返済自体の手間を軽くすることができます。

 

ローン返済で積極的に行っていきたい随時返済も、返済方法に手間がかかったり手数料が必要だったりすると、なかなか簡単には進められないものとなるでしょう。いつでも返そうと思った時に返せる方法があると安心です。

 

今利用しているローンを見直してみた時に、少しでも問題点と感じていることがあれば、それを改善できる方法を探してみるのが良いでしょう。返済額が多すぎることがおまとめローン利用前の最大と理由となりやすいのです。しかし、より快適な返済を続けたい方や、少しでも早く完済してしまう方法を探したい方も、おまとめローンを利用するのにはピッタリでしょう。よりよいサービスのローンに変えたい時にも、おまとめや借り換えは効果的なのです。

 

まとめる際にかかる手続きと借入残高、軽減される利息や手間をじっくりと比較することで、最適なおまとめローンを選べます。返済期間が長く残っている方ほど、おまとめローンや借り換えローンを探してみることをおすすめします。

 

おまとめローンを利用しないほうがよいケース

おまとめローンはどんな方でも利用したほうがよいのか、というとそうではない場合もあります。おまとめローンを利用しないほうがよいケースはどんな場合でしょう?

 

まとめた後のローンが使いにくいと感じるようなことになってしまうと、それはまとめなかったほうがよかったということになります。またそう感じてから再度借り換えするというのもあまり容易なことではないので、おまとめローンの利用前にはじっくりと比較検討することが大切になるのです。

 

返済期間を短くしたかったのに、月々の返済額を減らしてしまうと、よほど金利が下がらない限り返済期間は長くなってしまうでしょう。また、月々の返済額を多くしすぎて、返済できない事態に陥ってしまってはおまとめ失敗です。返済計画の見直しをきっちりとすることがポイントになってくるでしょう。

 

他にも、返済などの履歴に問題がありおまとめローンの審査に通る可能性がない方も、おまとめローン以外の対策を講じるしかありません。延滞などの履歴が残っていると、その記録は5年間消されることがないのです。延滞の履歴が残っている状態で、返済を続けていくことが難しい場合は債務整理などを行うしかありません。

 

債務整理は自己破産をまず連想してしまう方が多いですが、返済額を減額する任意整理などもあります。いずれも弁護士や司法書士などにも依頼できます。法テラスや無料相談なども利用して、おまとめローンを使うのがよいのか、それとも債務整理を選んだほうがよいのかを判断するとよいでしょう。

 

おまとめローンでないローンでまとめても大丈夫?

ローンを一つにまとめたいけれど、おまとめローンの金利よりも低いカードローンを見つけてしまった、ということもあるでしょう。またおまとめローンの利用方法に、自分に便利なものがないという場合もあるかもしれませんね。こんな時にはカードローンでもまとめることができるのでしょうか?

 

おまとめ専用ローンを取り扱っていない銀行では、カードローンでまとめることができると明記していることもあります。また、おまとめや借り換えに使えると書かれていなくても、申し込みができるものも多いです。限度額が大きく、金利が低いカードローンもたくさん登場していますが、まさにおまとめに最適ではないでしょうか。消費者金融でもおまとめや借り換えローンを扱っていますが、フリーキャッシングやカードローンでもまとめることができる場合もあります。金利や利用額なども含めて比較しましょう。

 

銀行のフリーローンも、カードローンのように借入目的を自分で決められる金融商品です。しかし、おまとめや借り換え目的には使えないものが意外と多いので、確認が必要でしょう。

 

カードローンは、申し込みの方法や借入・返済の方法がたくさんあって便利なものも多いですね。またネットのみで手続きや借入まで進めることができ、忙しい方にもピッタリといえるでしょう。ローンをまとめて一つにすることで、ローンの利便性をアップできるかという基準でも申し込み先を検討したいものです。カードローンは使いやすさを追求した商品が見つかりやすいのです。おまとめ専用ローンで納得のものが見つからなかった場合は、申し込み先の範囲を広げてみましょう。